• ホーム
  • インフルエンザ出席停止期間の基準

「インフルエンザ出席停止期間の基準」早見表



学校保健安全法施行規則の改正により、インフルエンザの出席停止期間の基準が「解熱後2日を経過するまで」から「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」と変わりました。
発症した日からかぞえると、6日間の出席停止が必要ということになります。
その後は、解熱した日によって出席停止日が延期されていきます。